ライラックグラデーション

職員インタビュー

01osawa-2.jpg

利用者の方の笑顔が見られる、

とてもやり甲斐のある仕事です。

interview01.

大沢早苗さん

ケアマネージャー

Q1.業務内容を教えて下さい。

自宅で暮らす要介護1以上の高齢者のために、デイサービス、ショートステイ、ベッド貸与などのサービスを調整し、ケアプランを作っています。

​月に一度は自宅を訪問し、今何に困っているか、心身の状態はどうか確認し、再評価を行います。

 

Q2.​入社の決め手になったことはなんですか?
私がこの職業を選んだ理由は、お年寄りが好きだったからです 。

現在の職場に来る前に二戸市にある介護施設にて10年近く現場で仕事をしていました。

そして、九戸福祉会に来てグループホームの管理者兼ケアマネージャーの方に出会い、その方が尊敬できて自分も ケアマネージャーの資格を取得し、現在ケアマネージャーの仕事をしています。

Q3.​職場の雰囲気を一言で表現すると?
職場は、お母さん世代の方が多くとても雰囲気が良く、相談もしやすい良い環境です。

また、そういったなかで、同年代のケアマネージャーが増えていくと嬉しいなと思います。

Q4.​お休みの過ごし方を教えて下さい。
私は今、九戸村に住んでいるのですが、九戸村には高速道路があり、買い物に行くのにとても便利なところです。

Q5.​今後の目標or身につけたいスキルはありますか?
私の目標は、主任ケアマネージャーと社会福祉士の資格を取得することです。

Q6.​就職活動中の皆さんへメッセージをお願いします。
介護という仕事は、変則的な勤務体系で体力的にもきつい仕事です。

しかし、利用者の方との日常のやりとりや、季節の行事を通じて、利用者の方の笑顔が見られる、とてもやり甲斐のある仕事だと思います。

01osawa-3.jpg